ミリ波車車間通信における信号伝搬特性

和田 友孝  前田 慎  岡田 実  塚本 勝俊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.12   pp.1116-1125
発行日: 1998/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
ミリ波車車間通信,  マルチパス,  遅延プロファイル,  交通量,  最大伝送可能速度,  

本文: PDF(712.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,車車間高速無線通信システムのマルチパス伝搬路特性を,レイトレーシング法を用いて解析している.まず交通量を考慮したミリ波車車間伝搬路の伝搬路モデルを導出し,遅延プロファイルや受信電力変動分布などのマルチパス伝搬路特性を検討する.つぎに,車車間通信のディジタル伝送において,車車間伝搬路をライスフェージングチャネルとしてモデル化した場合の信号対雑音電力比(CNR)の確率密度関数を求め,平均ビット誤り率特性について理論解析を行う.これにもとに数値計算を行い,所要平均ビット誤り率を得るための所要送信電力,最大伝送可能速度,交通量及びアンテナの大きさの間には密接な関係があることを明らかにする.また,ダイバーシチ受信を行うことによる信号伝搬特性の改善効果についても検討を行う.その結果,フェージングによる影響を軽減することができ信号伝搬特性の改善が図れることを明らかにしている.