(4,12)型QAMに対するコード割当てとその誤り率特性

石川 博一  町田 正信  半田 志郎  大下 眞二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.11   pp.1077-1081
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
(4,12)型QAM,  コード割当て,  振幅包絡線検波,  位相同期検波,  位相遅延検波,  BER特性,  

本文: PDF(259.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
(4,12)型QAMにおいて,2種類のコード割当てを提案し,振幅包絡線/位相同期検波および振幅包絡線/位相遅延検波によるビット誤り率特性を,理論的に解析した.その結果,コード割当ては,検波方式,各種パラメータ,伝送路のSN比に依存することを示す.