差分量近似を導入したLMSアルゴリズムによる判定帰還型等化器

星野 正幸  大鐘 武雄  小川 恭孝  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2       pp.1013-1020
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 専門分野: 移動体通信
キーワード: 
適応アルゴリズム,  等化,  選択性フェージング,  ダイバーシチ,  

本文: PDF(552.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
ディジタル陸上移動通信で高速・高品質伝送を実現するためには,アルゴリズムの簡略化と周波数選択性フェージングへの追従性能を同時に満足しなければならない.本論文では,判定帰還型等化器に用いる適応アルゴリズムとして,差分量を導入したLMSアルゴリズムを提案する.差分量の導入により単純マルコフプロセス近似の可能な伝搬路を追従する能力の向上が期待できる.このアルゴリズムを用いて,簡易な構成となるLMS-DFEを設計し,計算機シミュレーションにより伝送特性の評価を行った結果,通常のLMS-DFEと比べて変動への耐久性向上とフロア誤りの半減を確認した.更に,ダイバーシチ合成DFEへの拡張についても検討し,同様の結果を得た.