ストリップ装荷によるスロット結合パッチアンテナの入力特性改善

山本 学  尾崎 公一  伊藤 精彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B2   No.10   pp.949-956
発行日: 1998/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
スロット結合パッチアンテナ,  トリプレート線路,  入力抵抗,  ストリップ,  

本文: PDF(519.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
トリプレート型スロット結合パッチアンテナ(TSCPA: Triplate line fed Slot Coupled Patch Antenna)では,放射パッチの共振周波数でパラレルプレートモードの発生量が最小になる.しかし,この周波数での入力インピーダンスの抵抗分(入力抵抗)は極めて低い.そこで,本論文では,パッチの共振周波数における入力抵抗の上昇法を提案する.TSCPAの等価回路を用いて,パッチの共振周波数での入力抵抗は,スロットの誘導的な効果により低下していることを明らかにする.また,誘導的効果による入力抵抗の低下を緩和するための,スロットの設計指針について検討する.更に,共振長よりも短いストリップをパッチとスロットの間に配置し,誘導的効果を相殺すれば,入力抵抗が上昇することを示す.