分散データベース用複製ルーチングスケジュールの通信コスト最小化を図るための近似手法

若原 恭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.6   pp.339-350
発行日: 1998/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
複製,  スケジュール,  分散データベース,  グループウェア,  通信コスト,  

本文: PDF(857.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
グループウェア等の汎用ビジネスソフトウェアにおける分散データベースでは,データベース一致化のための方法として,各データベースがもつ他データベースの複製を,あらかじめ定めたスケジュールに従っていっせいに更新する非同期複製更新方式が広く採用されている.本論文では,このような分散データベースにおいて,複製の更新に要する通信コストの最小化を図るための近似スケジュールを論じている.具体的には,まず,各通信路において双方向同時転送が可能で,通信コストが転送に要する通信時間に比例する場合に,通信コストを最小とするスケジュールを導出する問題を定式化する.つぎに,この問題の現実的な解として,最小値に近い通信コストをもつ近似スケジュールを効率良く導出するヒューリスティックな方法を提案する.そして,本提案法の定量的な評価結果を示し,特に各通信路の通信コスト係数がほぼ同一であれば最適解に極めて近いスケジュールを与えること等を論じる.