実計算機応答時間特性の異種タスクバーストモデルによる分析

北村 光芳  藤橋 忠悟  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.4   pp.243-253
発行日: 1998/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
バースト到着,  異種サービス時間,  タイムシェアリングシステム,  応答時間,  計算機システム,  実測データ,  

本文: PDF(663.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ここでは,通常の計算機負荷で一般的に見られるように,タスクの到着過程にバースト性があり,サービス時間に異種性がある場合の計算機応答時間特性の分析モデルとして異種タスクバーストモデルを提案している.特に,バースト性に対しては到着率の時間変動型と到着間隔混合型の二つのモデルを考え,サービス時間に関しては超指数分布を適用している.これらの結果から,タイムシェアリングシステム(TSS)処理においては,タスクのサービス時間におけるばらつきが大きい場合のほうがバースト性による応答時間増大を緩和できることを示し,実測資料例上にもこのような特性が現れていることを確認している.