分散ネットワークアーキテクチャDONAに基づくネットワークの性能特性

松村 一  山田 茂樹  久保田 稔  小川 聰  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.12   pp.817-826
発行日: 1998/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
ネットワークアーキテクチャ,  シミュレーション,  分散処理,  メッセージ通信,  ATMネットワーク,  性能評価,  

本文: PDF(673.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DONA(Distributed Object-oriented Network Architecture)は,今後のネットワークに必要とされる経済化,柔軟化,高性能化,高機能化等の多彩な要求にこたえる新ネットワークアーキテクチャである.進展の著しい高性能プロセッサ技術と分散処理技術を背景に,ノードシステムの制御系/通話路系の分離及び制御系の集約化を図っている.本論文では,DONAアーキテクチャのうち制御系/通話路系を分離したネットワーク(DONA-α ネットワーク)に着目して,その性能特性をシミュレーションで明らかにし,設計上の留意点について述べる.また,性能特性とコスト評価からDONA-α ネットワークの構成条件についても考察する.