高速・広域ネットワークにおけるふくそう回避手順の改良によるTCRの高速化

三宅 優  神崎 昭浩  加藤 聰彦  鈴木 健二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1   No.11   pp.741-752
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアを支える通信技術論文小特集)
専門分野: マルチメディアネットワークのためのQoS制御、トラヒック制御
キーワード: 
インターネット,  TCP/IP,  マルチメディア,  高速通信,  広域ネットワーク,  

本文: PDF(835.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インターネットに使用される伝送路が高速化されるに従い,大容量データを高速で転送する必要があるマルチメディア・アプリケーションが今後も増えると予想される.インターネットで広く使用されているトランスポートプロトコルであるTCPは,確実なデータ転送を必要とするほとんどの通信アプリケーションで使用されているが,高速・広域ネットワークの通信でTCPを使用して通信を行うと,TCPのふくそう回避アルゴリズムが不適切であるために,帯域に見合った通信速度が得られないという問題が存在する.そこで筆者らは,ウィンドウスケールオプションと選択確認(SACK)オプションを有するTCPにおいて,ふくそう回避アルゴリズムの改良により通信効率を向上させることを可能としたので,本論文では,そのアルゴリズムの詳細と,シミュレーションによる比較検討結果について述べる.