最低スループット保証に適した開ループ制御型ATM転送方式のサービス特性分析

朝香 卓也
川原 亮一
小沢 利久

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J81-B1    No.11    pp.731-740
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアを支える通信技術論文小特集)
専門分野: マルチメディアネットワークのためのQoS制御、トラヒック制御
キーワード: 
ATM,  VBR,  GFR,  TCP,  スループット,  帯域保証,  

本文: PDF(708.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
ATMレイヤにおける最低帯域の保証機能をもったサービスカテゴリーとして,すでに標準化ずみであるVBR(Variable Bit Rate)と標準化が進行中であるGFR(Guaranteed Frame Rate)があげられる.これらサービスカテゴリーはその機能上,ATMレイヤでの最低帯域を保証するものであり,それを用いてコンピュータ通信を行った場合の性能を直接保証するものではない.特に上位プロトコルとしてTCP/IPを用いた場合,TCPレイヤでの性能はTCPのフロー制御に大きく依存する.よって,これらのサービスカテゴリーをコンピュータ通信へ適用していくにあたっては,TCRレイヤでの最低スループットをはじめとしたさまざまな性能特性を事前に把握し,それをネットワーク構成やトラヒック設計に生かしていく必要がある.そこで,本論文では,FIFOキュー方式で実現されたVBRと個別キュー方式で実現されたGFRを対象にシミュレーション評価を行い,TCPレイヤでの性能特性を分析した.結果として,どちらのサービスカテゴリーとも目標とする最低スループットの保証が可能であること,VC間における公平性の実現については個別キュー方式であるGFRが有効であることなどが明らかになった.