こう配法に基づく高速な適応アルゴリズムにおけるデータ運用法の改良に関する一考察

吉本 定伸  古川 利博  浦浜 喜一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.9   pp.1309-1313
発行日: 1998/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
こう配法,  直交射影,  データの運用法,  逐次処理,  

本文: PDF(288.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
有色信号入力時においても高速なパラメータ推定が可能な適応アルゴリズムとして,アフィン射影算法が提案されている.これは多次元部分空間への直交射影演算に基づいた方式であり,1サンプルごとに適応フィルタ係数の修正を逐次的に行う.本論文では古川らによって提案されているこう配法に基づく高速な適応アルゴリズムをアフィン射影算法と同様の逐次処理に対応させ,データの運用法を改良することにより収束速度と演算量を考慮した手法を提案している.また,シミュレーションを行うことにより本手法の有効性を検討している.