2-D DCTとニューラルネットワークを用いた顔画像の表情認識

肖 業貴
N.P チャンドラシリ
田所 嘉昭
尾田 政臣

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A       pp.1077-1086
発行日: 1998/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 専門分野: ヒューマン情報処理
キーワード: 
顔表情認識,  表情係数,  2次元DCT,  ニューラルネットワーク,  

本文: PDF(1MB)>>
論文を購入



あらまし: 
人物の顔表情の認識は,心理学や工学などさまざまな分野での応用が期待され,今まで多くの手法が提案されてきた.しかし,そのほとんどは,顔の特徴部分の動きを表情認識の基本情報としており,その特徴部分の切り出しやオンライン処理時の追従を必要とし,処理が複雑である.また表情の動き情報のすべてが利用対象にされていない.本論文では,顔画像の特徴部分の切り出しを全く必要としない,顔画像全体に対する2次元離散コサイン交換(2-D DCT)とニューラルネットワークを用いた新しい表情分析を提案する.この方法では,表情と無表情の顔画像全体に対する2-D DCT係数の低周波部分の差分のみをそのままニューラルネットワークに学習させ,表情空間へのマッピングを実現している.60人(×5表情)の顔画像からなる正規化画像データベースに対して実験を行った結果,学習用に用いた40人の表情顔画像に対して表情認識率が100%,残りの未学習表情顔画像に対しては最高で95%の表情認識率を得た.