撮像位置にロバストなナンバープレート認識方法

内藤 貴志  山田 啓一  山本 新  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.4   pp.536-545
発行日: 1998/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 特集論文 (ITS(高度道路交通システム)基盤技術論文小特集)
専門分野: 画像処理
キーワード: 
ナンバープレート認識,  ダイナミックレンジカメラ,  画像処理,  文字認識,  

本文: PDF(764.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ナンバープレート認識は,これまでに幹線道路の特定区間での旅行時間計測システムとして広く実用化されているが,今後は駐車場や建物などでの入退車両の監視や同定などへの応用展開が期待されている.駐車場の出入口でのナンバープレート認識では,設置するTVカメラの取付けの制約があることが多い.更に入退車両を撮像するためには,直射光下から夜間の街灯照明下までの環境の明るさの変化に強い撮像方式も欠かすことができない.筆者らは,環境の明るさの変化に強く,かつ撮像装置の取付けの自由度が広いナンバープレート認識システムを開発した.これは,画像合成によってダイナミックレンジを拡大する撮像方式とプレート画像の傾きにロバストなナンバープレート認識方式と組み合せた新規の方法で,更にこれらの方法を用いたナンバープレート認識システムも構築した.このシステムは,評価実験でプレートが大きく傾いた画像に対し認識率96.6%が得られ,ナンバープレート認識システムとして有効であることが示された.