電力制御および符号化を用いたアロハ型クラスタ衛星システムのネットワーク特性

岸本 充行  岡 育生  藤原 値賀人  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.3   pp.408-413
発行日: 1998/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: グラフとネットワーク
キーワード: 
電力制御型アロハ方式,  符号化,  クラスタ衛星システム,  衛星間通信,  ネットワーク特性,  

本文: PDF(354.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アップリンクにおいて電力制御と共に符号化を行うアロハ方式を用い,ダウンリンクと衛星間通信に時分割多重方式を用いるクラスタ衛星システムを考える.まず,アップリンクにおける符号化および電力制御の効果を最大レベル信号の誤り率を用いて評価する.次に,このクラスタ衛星システムのネットワーク特性を計算機シミュレーションを用いて求め,特に低CNRにおいて符号化によるスループット,遅延の改善が大きいことを示す.更に,衛星に搭載するバッファ数のシステム全体に対する影響を明らかにする.