情報幾何学に基づく平均場ボルツマンマシン学習則の理論的検討

新井 利幸  田中 利幸  藤森 偉恭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.3   pp.336-345
発行日: 1998/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: アナログ信号処理
キーワード: 
ボルツマンマシン,  平均場近似法,  情報幾何学,  

本文: PDF(727KB)>>
論文を購入




あらまし: 
平均場ボルツマンマシン学習則は,ボルツマンマシン学習則の計算量に関する困難を回避する実用的な手法として知られているが,その理論的な意味は明確でない.本論文では,平均場ボルツマンマシン学習則について,情報幾何学に基づく情報理論的な説明を与え,そこで行われている近似の幾何学的に明確な解釈を示す.また,この説明に基づいて,平均場ボルツマンマシン学習則の有効性を調べるための数値実験を2素子のボルツマンマシンの場合について行い,平均場ボルツマンマシン学習則の有効性の検討に対する幾何学的な考察の必要性を議論する.