代数体上のRSA暗号のイデアル理論による構成とその安全性の考察

高木 剛  内藤 昭三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.1   pp.119-128
発行日: 1998/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報セキュリティ基礎
キーワード: 
RSA暗号,  円分体,  2次体,  安全強度,  同報通信攻撃,  

本文: PDF(639.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
RSA暗号をイデアル理論を用いて代数体に拡張する.本論文では円分体・2次体に対して,素イデアルの生成方法,イデアルを法とする完全代表系の選び方,代表系への剰余の計算方法を述べる.これにより,円分体・2次体上でRSA暗号を構成できる.提案暗号の安全性は,公開鍵が惰性する素数の積の場合,完全解読に対しては従来のRSA暗号と同じであり,同報通信攻撃に対してはより安全になることを示す.