マルチレベルグラフの図解的描画アルゴリズムIllustrative Mapping法

佐々木 整  竹谷 誠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A   No.11   pp.1564-1574
発行日: 1998/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: グラフとネットワーク
キーワード: 
マルチレベルグラフ,  理解のしやすさ,  見やすさ,  描画アルゴリズム,  IM法,  

本文: PDF(800.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
対象を要素の集合,その順序関係を枝で表現したマルチレベルグラフ(階層構造グラフ)は認知マップをはじめ,多くの構造表現として活用されている.一般にグラフは同じ構造でもその描画法が異なると,人間のとらえ方や理解のしかたも変化する.本論文では,筆者が提案した2要素間の重要度の概念を応用した要素の重要度の概念をもとに,構造的な関連性を考慮したマルチレベルグラフの図解的表示法であるIllustrative Mapping法の提案を行う.また,従来手法との比較評価を,被験者による理解のしやすさの定性的評価とグラフ描画の見やすさの定量的尺度に基づいた評価の両面から行い,提案手法の有効性と実用性を示す.