信号のエネルギーの偏りを考慮したサンプリングレート変換器の設計

貴家 仁志
渡部 誠二
西川 清史
藤井 信生

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J81-A       pp.1463-1468
発行日: 1998/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 専門分野: 
キーワード: 
マルチレート,  ディジタルフィルタ,  AR過程,  適応フィルタ,  学習同定法,  

本文: PDF(357.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
サンプリングレート変換器のための直線位相FIRフィルタの設計法を提案する.提案する方法は,学習同定法に基づいており,次の特徴をもつ,(a)入力信号のエネルギーの偏りを考慮することが可能,(b)フィルタ設計の際の問題の一つである,フィルタの最適周波数仕様の決定問題を回避できる,(c)マルチステージ実現にも適用可能,(d)チェス盤ひずみを回避することが可能,以上の特徴により,従来法に比べフィルタの次数を大幅に低減することが可能となる.