顔画像の線描画による表現手法について

柴田 大介
中村 剛士
世木 博久
伊藤 英則

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2    No.8    pp.2095-2101
発行日: 1997/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (顔論文特集)
専門分野: 顔イメージのコンピュータ生成
キーワード: 
顔画像,  ファジー推論,  エッジ抽出,  線描画,  

本文: PDF(522.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
さまざまな情報を含んでいる顔に関する研究が盛んに行われてきている.本論文では顔画像の濃淡を線密度に対応させた線画による似顔絵を作成する手法を提案する.本手法では原画像からエッジを抽出し,原画像とエッジ画像から線表現による顔画像出力を行う.エッジ抽出にはファジー推論を用いた.線描画は線の傾き,密度,種類の三つを制御する.また表情の変化についての実験を行い,本手法の有効性を検証した.