3重線形補間等値面の陰影付け

永江 孝規
長橋 宏

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2       pp.1834-1842
発行日: 1997/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 専門分野: コンピュータグラフィックス(CG)
キーワード: 
等値面構成,  ボリュームデータ,  3重線形補間,  陰影付け,  

本文: PDF(778.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
等値面の構成と陰影付けは3次元空間内のスカラ値の分布を視覚化する際に用いられる手法の一つである.スカラ値の3次元格子状配列として与えられたボリュームデータから等値面を構成する手法は,与えられたしきい値に応じて格子点間に線形補間点を計算し,それらの補間点を適当に連結して得られる三角形パッチの集まりとして等値面を近似するという方法がほとんどである.本論文では理論的にもコーディング的にも簡潔で,高速かつ正確に等値面を構成する方法として,ボリュームの各単位格子を構成する八つのボクセル値の3重線形補間によって得られる3次曲面を直接構成し,滑らかに陰影付けする手法を提案する.