旅行小切手上の日本人署名の照合に関する検討

吉村 ミツ  吉村 功  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.7   pp.1764-1773
発行日: 1997/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
オフライン署名照合,  日本字署名,  旅行小切手,  背景画像の除去,  文字の切出し,  

本文: PDF(758.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は旅行小切手上に書かれた日本人の署名を自動的に照合するシステムについて述べている.日本人の名前は,通常3個ないし5個の漢字,平仮名,片仮名からなっている.署名をするとき日本人は,たいていの場合その名前を構成文字間に空白をおいて書く.この空白を利用すると署名は各構成文字に分離できる.本論文の筆者らはこれに着眼した署名照合システムを作り,その性能を実験を通して吟味し,次の結果を得ている.1.上段に書かれた1個の純正署名のみを参照して下段に書かれた署名を照合する場合には,誤照合率を40%以下にすることができない.2.純正署名を5個参照できる場合には,誤照合率を16%程度に小さくすることができる.3.署名を各構成文字に分離して照合を行うと,分離しない場合に比べて誤照合率を7%程度小さくすることができる.4.誤照合率は個人によって大きく異なり,純正署名を5個参照できる場合,いつも安定していて他人にまねされにくい署名では誤照合率が0%になるが,不安定な書き方の署名では誤照合率が30%以上にもなる.本論文は,以上の実験結果から,旅行小切手で署名照合を有効に行うには,純正署名を複数個利用できるようにすることが望ましいと結論づけている.