MRFモデルに付随するポテンシャルの関数形とポテンシャルパラメータの推定

諏訪 正樹  杉本 末雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2       pp.1676-1686
発行日: 1997/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
MRF,  ポテンシャル,  MLLモデル,  クリーク,  擬似ゆう度関数,  

本文: PDF(846.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,テクスチャ画像のMRFモデリングにおいて注目画素と近傍画素との間の濃淡値の差の与える影響を,ポテンシャル関数中に反映させた場合の関数形について考察する.多くのテクスチャ画像の領域分割や雑音除去問題では,MLLモデルのポテンシャルが用いられる.MLLモデルは2値画像やラベルあるいは領域過程のモデリングには適しているが,隣接画素間の濃淡値差の度合がポテンシャル関数中に反映されていないため,実際のテクスチャ画像のモデリングにはあまり適さない.そこで本論文では,ポテンシャルが隣接画素間の濃淡値の差の関数であると仮定し,MLLモデルを特殊な例として含む4種類の関数形を定義する.更にこれらを用いて実際にテクスチャ画像を生成する.また本論文で提案したポテンシャルを実際問題に適用する場合,ポテンシャルがパラメータが推定可能かどうかという点にも着目する必要がある.そこで本論文ではポテンシャルがパラメータに関する1次関数であるという仮定のもとで適用可能な推定アルゴリズムを導出し,実際にパラメータ推定を行う.