線密度を用いた非線形正規化法の2次元的拡張

堀内 隆彦  春木 亮二  山田 博三  山本 和彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.6   pp.1600-1607
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: 文書画像処理
キーワード: 
非線形正規化,  文字認識,  前処理,  相関法,  

本文: PDF(567.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
部分的に不規則な変形を生じる手書き文字の正規化法として,筆者の一部はいくつかの非線形正規化法を提案し,文字認識において線形正規化よりも有効であることを示してきた.しかしながら,従来提案してきた方法は,変換の特徴量となる線密度を座標軸に射影して用いていたために,線密度の空間的な情報を利用できなかった.線密度の2次元分布を利用した非線形正規化を行うことができれば,更に空間の有効利用が図れ,文字認識精度も向上すると考え,これを構築したので本論文で報告する.手書き教育漢字データベースETL-8に対する認識実験を行った結果,提案手法は従来法よりも優れていることが確認できた.