画像の2次元離散コサイン変換を利用した実時間顔表情認識

坂口 竜己
森島 繁生

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2    No.6    pp.1547-1554
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (画像の認識・理解論文特集)
専門分野: メディア理解
キーワード: 
顔表情認識,  離散コサイン変換(DCT),  ニューラルネットワーク,  

本文: PDF(576.3KB)>>
論文を購入



あらまし: 
人物顔表情の認識は,心理学や工学などさまざまな分野での応用を期待され,多くの研究がなされている.しかしそのほとんどは,認識の精度と計算量とのトレードオフにより実時間での処理は困難であった.本論文では比較的低速なワークステーションやPC上での動作を前提とした実時間表情認識システムを提案する.顔の領域抽出はフレーム間差分画像によりまばたきを検出することで行い,動画像中の領域追跡では1次元の相関マッチングを利用する.この手法は単純なアルゴリズムで実現されるため高速であり,表情の特徴を空間周波数成分から得る本手法と組み合わせる場合において十分な性能をもっている.表情認識は離散コサイン変換(DCT)とニューラルネットワークにより行う.特定個人の4表情認識では,動画像中の領域追跡も含め,90%以上の精度が得られることを確認できた.