スペクトルの遷移確率を利用した指紋照合法

藤吉 弘亘  梅崎 太造  竹内 英世  佐分利 伸  鈴村 宣夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.5   pp.1169-1177
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
指紋照合,  群遅延スペクトル,  HMM.ベクトル量子化,  

本文: PDF(593.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
離散出力分布型の隠れマルコフモデル(HMM)による指紋照合法を提案し,その照合性能を評価する.まずはじめに,HMMを精度良く推定するために必要なコードブックの分割数について検討する.分割数が少なすぎると量子化誤差が大きく,多すぎると対数ゆう度の繰返し計算において誤差が増大することを示す.次に,指紋照合に適するHMMの状態数について調査する.指紋画像をx,y両方向にそれぞれ分析してHMMを設計する場合,セグメンテーション法の違いにより,最適な状態数が異なることを示す.最後に,HMMの学習に用いるサンプル数の照合率に対する影響について検討する.