誤り保護付きTwinVQ楽音符号化方式

池田 和永  守谷 健弘  岩上 直樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.5   pp.1016-1025
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
楽音符号化,  TwinVQ,  誤り保護,  BS-FEC,  

本文: PDF(705.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,無線通信への適用が可能な誤り保護付きのTwinVQ楽音符号化方式を提案する.TwinVQは64kbit/s以下の低ビットレートで高品質な楽音再生を可能とする符号化方式である.ここでは,TwinVQ方式を伝送特性が劣悪な無線通信などに適用するために,誤り訂正検出符号化を施し,誤り検出時には誤った情報を用いずに復合信号を合成する一方式を提案する.本方式では,誤り訂正検出符号化としてはTwinVQの符号化系列の符号誤り感度に応じた誤り保護を施すBS-FEC方式を用いて誤り保護の効率化を実現している.また,誤り検出時の残差MDCT係数の合成方法とフレーム誤り時のMDCT領域での補間による復合信号合成方法を考案し,より高性能な信号再生を実現している.主観品質評価試験結果を提示し,提案方式を用いることにより無線通信環境下でも高品質な楽音再生が可能となることを示す.