音声認識機能を含むマルチモーダルインタフェースをもつ住所入力システムの開発と評価

吉岡 理  荒井 和博  管村 昇  嵯峨山 茂樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.5   pp.1007-1015
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声,聴覚
キーワード: 
音声認識,  マルチモーダルインタフェース,  住所入力タスク,  システム評価,  操作時間,  

本文: PDF(696.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では情報入力作業に音声入力を適用することによる入力作業効率の改善について報告する.我々は評価システムとしてマルチモーダルインタフェースをもつシステムをデスクトップ型端末上に作成した.マルチモーダルインタフェースを音声入力機能と組み合わせることにより,音声認識の欠点を補い人と機械との効率的で快適なコミュニケーションが期待できる.今回,本システムを住所入力に適用し評価実験を行った.本システムでは住所の入力を音声による方法,10個単位で候補を表示するメニューから選択する方法および次候補を一つずつ表示させて入力する方法を用いて行うことができる.評価実験では25人の女性被験者が述べ22,860の住所を入力する作業を行い,うち半数の入力作業で音声入力機能を用いるよう指示した.実験結果から,本システムを用いて入力作業を行う場合には,音声入力機能を用いることで住所候補数の増加に伴う入力時間の増加傾向を抑制することができ,操作時間を約12%削減できることがわかった.また本システムでは,語中ポーズのある音声の認識率が著しく低下することが明らかとなった.