アウェアネスを指向した開放型グループ学習支援システムSharlokの構築

緒方 広明  矢野 米雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.4   pp.874-883
発行日: 1997/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (ネットワーク・マルチメディア技術利用の教育方法とシステム論文特集)
専門分野: 協調学習支援/グループウェア
キーワード: 
協調学習,  グループウェア,  コラボレーション,  アウェアネス,  知識共有,  

本文: PDF(770.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ネットワークを利用した開放型グループ学習支援システムにおいて,協調学習の誘発を支援するKnowledge Awareness(KA)を提案し,その試作システムであるSharlok(Sharing, Linking, and Looking-for Knowledge)について述べる.Sharlokは,ネットワークで結ばれた各学習者が,知識を蓄積しあい,それに関して討論が行えるオープンな学習環境である.KAは,“知識に気づく”という意味であり,共有データベースにおける学習者の行動履歴を利用して,討論のきっかけとなる知識の存在や学習者の存在に気づかせる.KAを提供し,討論を誘発することにより,学習者は,意欲的に学習し,共有データベースは洗練化され,成長していく.最後に,本論文では,試作システムの評価を通じて,KAの有効性を示す.