ガボール関数を用いたカラー液晶ディスプレイのマクロ欠陥検査支援

中野 宏毅  吉田 靖夫  藤田 和弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.3   pp.734-744
発行日: 1997/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
画像強調,  ガボール関数,  欠陥検査支援,  液晶ディスプレイ,  

本文: PDF(908.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
液晶ディスプレイ(LCD)に使用されるカラーガラスフィルタの,マクロ欠陥目視検査の支援を目的とした欠陥強調方式として,2次元ガボール関数を利用した方法について報告する.マクロ欠陥のうち,波状ムラおよびスジ状ムラに対しては,ガボール展開係数の実部を利用することにより,欠陥強調が可能であることを示す.しかし,複素ガボール関数は方向性をもつため,円形シミ欠陥に対しては検出感度が低い.そこで,円形シミ欠陥の強調を目的としたフィルタとして,複素ガボール関数を原点を中心に回転させて積分した円柱型ガボール関数を提案する.欠陥の強調度合の指標として雑音改善度を導入し,円柱型ガボールフィルタは,ラプラシアンガウスフィルタと比較して同等以上の雑音改善能力があることを示す.実際の欠陥を含む画像に対して欠陥強調の実験を行い,この手法の有効性を確認した.