立体画像符号化における視差推定手法に関する検討

鄭 文濤  鹿喰 善明  田中 豊  湯山 一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.2   pp.505-512
発行日: 1997/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (次世代画像符号化技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
立体画像符号化,  視差推定,  階層的ブロック相互相関,  符号化誤差,  

本文: PDF(600.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,立体画像符号化への応用を前提として,階層的ブロック相互相関視差推定手法を提案し,その性能を検証する.性能検証に際し,従来の補償誤差電力による評価では不十分なため,まず符号化誤差による新しい評価法を提案する.次に,この新評価法を用いて,SADによる全探索ブロックマッチング,SADによる階層的ブロックマッチング,階層的ブロック相互相関法の三つの視差推定手法に対し性能比較を行う.実験結果より,階層的ブロック相互相関法は他の手法に比べ,視差ベクトルの差分エントロピーが10~30%の減少となること,補償誤差の符号化誤差については同等以上の性能をもつことがわかった.また,推定された視差の信頼性がより高いので,低ビットレート伝送,画像内挿などへ応用する場合は,破たんの少ない,より良い画質の画像が得られると考えられる.