幾何情報を用いた光源スペクトルの推定

辛 鎮  眞鍋 佳嗣  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.1   pp.125-130
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン認識,コンピュータビジョン
キーワード: 
色の恒常性,  光源スペクトル推定,  2色性反射モデル,  スペクトル画像,  

本文: PDF(356.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,幾何情報をもとに光源スペクトルを推定する方法を提案する.人間は照明光の色に影響されずに物体の色を認識することができる.これは「色の恒常性」と呼ばれている機能であり,照明光によらない安定な画像認識結果を得るためにも有用な機能である.この機能を実現するには,物体表面の色として記録された画像から照明光の色を分離し,物体本来の色を抽出することが必要となる.しかし,RGBカラー画像では照明光の色を正しく推定することは困難である.そこで画素値としてスペクトル分布をもつスペクトル画像を用いてスペクトル分布での推定を行うことを考える.物体表面での光の反射は光源色と同じである表面反射と,物体の色である内部反射に分けられる.ともに光源,カメラ,および物体形状の幾何情報によって異なる強度変化を示す.この強度変化の差異をもとに光源スペクトルの推定を行う.そして,実験により本手法の有効性を示す.