非可視型バーコードを用いた視覚障害者用位置案内装置の研究

尾形 利文  牧野 秀夫  石井 郁夫  中静 真  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.11   pp.3101-3107
発行日: 1997/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 教育工学
キーワード: 
非可視型バーコード,  位置検出,  位置案内装置,  視覚障害者,  

本文: PDF(582.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
視覚障害者が屋内を単独歩行するための位置検出・案内方法について検討し,実際に位置案内装置を開発して動作実験を行った.具体的には,屋内位置情報提供手段としてバーコードに着目し,更に公共の建物内で利用することを考慮して,通常我々の目には見えない非可視型バーコードを用いた.位置検出・案内装置としてはCCDカメラ,パーソナルコンピュータおよび音声合成装置を用いて,画像処理によるバーコード標識の検出と音声による案内を行った.建物内での目的地誘導実験では,作成した位置データファイルから目的地までの経路を自動探索し,経路移動中に検出された誘導情報を音声により案内した.大学内廊下で行った動作実験では,移動速度3km/hの場合,検出距離0.2~1m,バーコード長240mm以上の条件下で位置情報を正確に取得し,音声案内可能であることを確認した.更に,誘導実験では,移動中にバーコード標識を検出し誘導情報の音声案内を行いながら目的地までの誘導が可能であった.