簡易モーションキャプチャセンサDigitEye3D―原理と基本特性―

片寄 晴弘  金森 務  井口 征士  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D2   No.10   pp.2889-2892
発行日: 1997/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
モーションキャプチャ,  HCI,  

本文: PDF(228.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,アート・ホビー・芸術など,より身近な範囲で安価に使用できる簡易型モーションキャプチャセンサDigitEye3Dの原理と基本特性について述べる.DigitEye3Dは,1)カメラ上に写った点光源の面積から光源からカメラまでの距離を算出する,2)点光源を高速に切り換えていくことによって各点光源の判別を行うという原理に基づいて構成される.レンズ系,計測空間によって絶対位置の分解能は変化するが,画面上で縦横256×256,奥行き60程度の分解能をもつことが確認された.