NUMAマルチプロセッサにおける2レベルスケジューリングアルゴリズムの評価

大石 幸雄  最所 圭三  福田 晃  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D1   No.1   pp.31-41
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 
マルチプロセッサ,  スケジューリング,  マルチプログラミング,  NUMA,  シミュレーション,  

本文: PDF(671.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
論文では,クラスタ構成のNUMA(Non-Uniform Memory Access)マルチプロセッサを対象として,空間分割スケジューリングの一つである2レベルスケジューリングにおける各種アルゴリズムをシミュレーションにより評価する.具体的には,プロセッサグループの構成に関して,1)クラスタフリーアルゴリズム,2)クラスタ限定アルゴリズム,また,アイドルプロセッサ処理方式として,a)アイドルプロセッサ保持方式,b)アイドルプロセッサ解放方式,更に,フリープロセッサ割当て方式として,a)実行プロセス優先方式,b)待ちプロセス優先方式,の各種選択肢を評価する.その結果,次が明らかになった.1)全体的に,クラスタ限定アルゴリズムがクラスタフリーアルゴリズムよりも優れている.2)クラスタ限定アルゴリズムにおいては,各種選択肢が性能に与える影響はさほどない.3)クラスタフリーアルゴリズムにおいては,アイドルプロセッサ処理方式としては保持方式,フリープロセッサ割当て方式としては待ちプロセス優先方式が各々優れている.