通信時間を考慮したマルチDSPシステムの構造決定のためのシミュレーション

吉田 成志  吉井 健一  松本 英昭  大貫 淳  曽禰 元隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J80-D1   No.1   pp.11-20
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 
マルチDSPシステム,  データ通信,  相互結合網,  シミュレーション,  通信時間,  

本文: PDF(644.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチDSPシステムは,高速性と汎用性を備えた計算機として国際的に注目を浴びているが,マルチDSPシステムに演算処理を行わせる上での問題点として,DSP間のデータ通信によるシステム稼動率の低下が挙げられる.稼動率の低下を防ぐためには,ハードウェア設計段階においてデータ通信時間を考慮したタスクスケジューリングをさまざまな相互結合網に対して行い,演算処理に最適な相互結合網および並列アルゴリズムを十分に検討しなければならない.そこでデータ通信時間をあらかじめ正確に把握するためのシミュレーション方法が不可欠となる.本論文では,マルチDSPシステムに演算処理を行わせた場合に生じるデータ通信の正確な時間を,アセンブラプログラムのインストラクションサイクル数から作成した数式を用いて求める方法について示す.本手法を用いることにより,使用するDSPの種類,プログラマ,DSP間の接続方式およびハードウェアシステムの仮装・実装にかかわらず正確な通信時間を理論的に求められる.演算処理の例として行列積算と連立1次方程式の求解を取り上げた結果,最適なトポロジーを選択することが数式によりシミュレーション上で容易に可能となることを示した.