パルス形ハードウェアカオスニューロンモデルとその分岐現象

染谷 和孝  篠崎 秀一  関根 好文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J80-C2   No.9   pp.289-296
発行日: 1997/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
パルス形ハードウェアニューロンモデル,  A型ニューロンモデル,  カオスニューロンモデル,  分岐現象,  リターンマップ,  

本文: PDF(431.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近,工学的に応用するために,神経回路網を構成する基本単位であるニューロンの特性を,ハードウェアにより実現する研究が盛んに行われている.特に,合原らによって提案された数式によるカオスニューロンモデルは,それを基本単位としたカオスニューラルネットワークにおいて,新しい情報処理機構の実現が示唆されている.しかし,電子回路によるパルス形ハードウェアカオスニューロンモデルは見あたらなかった.我々は,先に,コンプリメントな二つのFETより構成した負性抵抗回路を用いることで,IC化可能なハードウェアニューロンモデルであるA型ニューロンモデルを簡単な回路で実現し,定電流刺激に対して連続的なパルス発振を示すことなどを報告した.本論文は,従来のA型ニューロンモデルにシナプス部を付加することにより,このモデルがカオスニューロンモデルの条件を満足することを理論および実験により明らかにし,パルス形ハードウェアカオスニューロンモデルを実現できることを示している.更に,本モデルに外部から周期パルスを加えた場合,分岐ルートの異なる3個のカオス領域を有することなどを示している.