光ファイバ中の4光波混合による波長変換とファイバグレーティングを用いたTDM信号の多重分離およびルーティング

山本 貴司  今井 健之  小向 哲郎  中沢 正隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J80-C1   No.5   pp.186-194
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: レーザ・量子エレクトロニクス
キーワード: 
4光波混合,  ファイバグレーティング,  波長変換,  波長ルーティング,  

本文: PDF(531.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光ファイバ中の4光波混合による波長変換と,ファイバグレーティングと光サーキュレータの組合せによる波長ルーティングを用いて,10Gbit/s(=2.5Gbit/s×4)TDM信号光の多重分離およびルーティングを実現した.複数のチャネルから構成されるTDM信号において,その各チャネルに複数波長の制御光パルスを同期させて合波した後,分散シフトファイバ中の4光波混合を利用してTDM信号光をチャネルごとに異なる波長に変換した.このとき,信号光波長を光ファイバの零分散波長に設定することにより位相整合条件を満たしている.波長変換後の信号光を複数のファイバグレーティングと光サーキュレータを組み合わせた波長ルータへ入射し,変換後の波長に応じて異なるポートへ出力させた.ファイバグレーティングにはアポディゼーションを施しサイドロープを抑制することにより波長選択性を向上させたものを使用し,これによりチャネル間クロストークを-25dB以下に抑えることができた.