スメクチックA液晶を用いた液晶長波長帯光変調素子

宮向 謙彰  坂尻 勝夫  柴田 幹  岡田 裕之  女川 博義  貴堂 靖昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J80-C1   No.12   pp.571-573
発行日: 1997/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
光変調,  長波長帯光,  液晶,  スメクチックA相,  

本文: PDF(184KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高周波数応答,低電圧駆動が可能なスメクチックA液晶相を用い,光通信応用をねらった1.55μm帯光変調の検討を行った.波長1.55μmでの液晶の複屈折率は0.155であり,変調に適した液晶セル厚を5.0μmと決定した.特性補正回路を用いたシステムで室温における映像用周波数帯域での長波長帯光信号伝送実験を行い,NTSC(National Television System Comittee)画像信号伝送に成功した.