2線式垂直モードヘリカルアンテナのインピーダンス特性

野口 啓介  水澤 丕雄  山口 尚  奥村 善久  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.9   pp.777-783
発行日: 1997/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
小形アンテナ,  垂直モードヘリカルアンテナ,  2線式ヘリカルアンテナ,  携帯無線機器,  

本文: PDF(421.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
携帯無線機器に用いられる小形アンテナの一つにヘリカルアンテナがある.ヘリカルアンテナの直径および軸長が波長に比べて小さい場合,励振されるモードは垂直モードとなり,モノポールと同様の指向性をもち,偏波は直線偏波をとる.0.1波長程度より小さい小形のヘリカルアンテナでは放射抵抗が小さく,Qが大きくなり,インピーダンス整合が問題となる.本研究では,垂直モードヘリカルアンテナについて2線式とし,その場合のインピーダンス特性について解析している.ヘリクスを2線式にすることによりアンバランスモードとバランスモードとの複合モードの利用が可能となる.その結果,放射モードであるアンバランスモードのインピーダンス成分をステップアップできること,非放射モードであるバランスモードのインピーダンス成分がインピーダンス整合に寄与できることが明らかとなった.また数値解析の結果は実験により確認している.