PHSによる蓄積メディア伝送時のメディア同期性能評価

加藤 正美  臼井 憲義  田坂 修二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.9   pp.749-759
発行日: 1997/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
PHS,  ビデオ伝送,  蓄積メディア,  メディア同期,  

本文: PDF(782.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本研究は,PHSの二つの通信チャネルを使用し,蓄積されたH.263圧縮ビデオ情報をARQで,蓄積されたADPCM音声情報を無手順で伝送しながら再生する場合を考える.このとき,H.263の符号発生量とPHSの伝送容量がほぼ等しいため,再送による遅延はビデオのメディア内同期を乱す.特に,蓄積されたビデオの伝送では,通信状態に応じた符号発生量の制御が難しく,メディア内同期をいかに制御するかが課題となる.更に,別の通信チャネルで同時に音声も伝送する場合,ビデオのメディア内同期の乱れは,音声とビデオのメディア間同期の乱れとしても問題になる.そこで本研究は,ビデオや音声のメディア内同期や両者のメディア間同期を維持するために,送信側においてBブロック廃棄制御方式を提案する.更に,受信側において出力開始遅延制御を適用すると共に,スライド制御方式を提案する.そして,ランダム誤りとバースト誤りの各環境下で,実際のビデオ情報と音声情報を使用したシミュレーションを行い,メディア同期の性能評価,および主観評価により本提案方式の有効性を示す.