都市内マイクロセル伝搬における遅延プロファイルモデル

市坪 信一  古野 辰男  川崎 良治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.8   pp.707-713
発行日: 1997/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
電波伝搬,  多重波伝搬,  遅延プロファイル,  遅延スプレッド,  マイクロセル,  

本文: PDF(504.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
都市内マイクロセルにおいて,ビル屋上の基地局から送信された電波を路上で受信した場合の遅延プロファイルモデルを提案する.ディジタル移動通信において,通信品質に関係する伝搬遅延特性を明らかにすることは重要である.伝搬遅延特性を表すパラメータに遅延スプレッドや遅延プロファイルがある.時間的に遅れて到来する遅延波のレベルを表した遅延プロファイルは信号伝送をシミュレートする場合等に必要である.これまで送受信間距離に対する遅延プロファイルの検討は少ない.本論文では,測定結果をもとに送受信間距離に依存する遅延プロファイルを検討する.測定は2.6GHzの周波数を用いて横浜と東京地区で行い,測定結果から複数の遅延プロファイルを伝搬距離の軸上で表した遅延プロファイル群のエンベロープは傾きnが4~5のべき乗の関数(rn)で近似できることを示す.これをもとに,べき乗関数を用いた遅延プロファイルモデルを提案する.また,モデルから得られる遅延スプレッド距離特性は送受信間距離と共に増加する特性であり,これは実測結果と一致する.