車載DBFセルフビームステアリングアレーアンテナによる衛星電波の追尾受信実験

三浦 龍  田中 豊久  堀江 章夫  関口 高志  井上 隆  唐沢 好男  猪股 英行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.7   pp.547-557
発行日: 1997/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
ディジタルビームフォーミングアンテナ,  最大比合成,  自動追尾,  ビームスペース,  移動体衛星通信,  

本文: PDF(828.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ASICを用いた小型信号処理装置で実現するディジタルビームフォーミング(DBF)によって,未知の方向から到来する電波の方向に自動的にビームを形成し,これを追尾するオープンループ型セルフビームステアリングアレーアンテナを開発し,これを移動測定車に搭載して衛星電波を追尾受信するフィールド実験およびその結果について論じている.ビーム形成アルゴリズムにはベースバンドで行うビームスペース最大比合成を用いている.実験では,郊外の一般道路等を走行しながら,ETS-V衛星の送信する1.5GHz帯の無変調波を受信した.測定データの解析により,実際の陸上移動環境においても期待どおりに常に衛星の方向にビームが形成され,自動的にこれを追尾していること,シャドーイング後も速やかに到来電波を捕捉すること,ビルの壁等の反射によるマルチパスが存在する場合でも追尾安定性は影響を受けず,またそれらマルチパスの方向にもビームが形成されてこれを有効に利用できる可能性があること等が示された.