基地局アンテナ指向性切換えあるいはスペースダイバーシチによる下り制御チャネル伝送方式

太郎丸 真  大石 睦彦  赤岩 芳彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.6   pp.492-500
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
ダイバーシチ,  指向性,  制御チャネル,  フェージング,  基地局,  TDMA,  

本文: PDF(541.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
移動体通信では,フェージングによる伝送品質の劣化を補償するためダイバーシチ受信が用いられる.特にTDD通信では,通話チャネルに対しては基地局側で送信ダイバーシチが適用できるが,ページングや報知情報等の下り制御チャネルには適用できない.本論文では,下り制御チャネルの伝送品質を向上させる伝送方式を提案する.提案方式は,基地局アンテナの指向性(ビーム方向)を順次切り換えながら,又はスペースダイバーシチ枝の無指向性アンテナを順次切り換えながら,制御情報を複数回送信するものである.従って,アンテナ利得又はダイバーシチ利得により伝送品質が向上する.まず,計算機シミュレーションにより適用効果を評価する.更に実験結果について検討し,提案方式の実伝搬環境における有効性を示す.