モード展開可能な開放若しくは閉一様導波管断面を有する平面多層媒質Dyadic Green関数の一般的構成法

山口 喜次  宮下 裕章  千葉 勇  江頭 茂  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.5   pp.406-415
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
平面多層媒質,  ダイアディックグリーン関数,  平面波スペクトル,  方形導波管,  円形導波管,  高周波近似,  

本文: PDF(487.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
モード展開可能な開放若しくは閉一様導波管断面を有する平面多層媒質Dyadic Green関数のE-mode,H-mode分解を用いた一般的構成法について述べる.Barkeshli,Pathakの平面波スペクトル表示Dyadic Green関数構成法における伝搬軸方向等価伝送線路モデルの解析を,Felsen,MarcuvitzのE-mode,H-mode分解を用いたDyadic Green関数一般的構成法に適用し,簡潔な代数表現をもつDyadic Green関数を得た.本構成法において,断面内モード関数として平面波スペクトル関数を選んだ場合Barkeshli,Pathakの結果が完全に再現されることを示す.また,断面内モード関数として方形および円形導波管モード関数を選んだ場合について示す.更に,無限平面層状媒質のDyadic Green関数に高周波近似を適用し,媒質内電磁波伝搬が四つのベクトルRayで記述できることを示す.