高速周波数選択性フェージングのための適応形軟判定出力ビタビ等化器

永易 孝幸  久保 博嗣  村上 圭司  藤野 忠  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.5   pp.379-386
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 移動体通信
キーワード: 
軟判定,  ビタビ等化器,  周波数選択性フェージング,  インタリーブ,  

本文: PDF(596.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
周波数選択性フェージング伝送路に適して,事後確率(APP: a Posteriori Probability)に基づくシンボル又はビットごとの軟判定が可能な復調方式として,ステートごとに伝送路特性を推定する適応形軟判定出力ビタビ等化器(SOVE: Soft-Output Viterbi Equalizer)を提案する.本適応形SOVEは,(1)高速周波数選択性フェージングに対して優れた追随特性を有すること,(2)符号化則を適切に設定することによりブラインド動作が可能なこと,(3)インタリーブの導入により,後段の復号器出力において良好なBERを得られること,等の優れた特徴を有する.本論文では,上記の有効性を計算機シミュレーションにより確認している.特に,周波数選択性フェージング下でインタリーブを導入することにより,等化と復号を同時に行う適応形の結合形最ゆう系列推定(MLSE: Maximum-Likelihood Sequence Estimation)と比較して,復号後のBER特性において有利であることを明らかにする.