広帯域信号に対応したビームスペース形アダプティブアレーアンテナ

関口 高志  三浦 龍  唐沢 好男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2   No.2   pp.171-181
発行日: 1997/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
アダプティブアレー,  ディジタルビームフォーミングアンテナ,  適応信号処理,  

本文: PDF(678.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
比帯域幅の広い広帯域信号に対応したビームスペース形構成のアダプティブアレーアンテナを提案する.マルチビームフォーマ部は,それを構成する各ディジタルビームフォーミング回路にタップ付遅延線回路を用いて,広帯域信号を通過できるように構成した.タップ付遅延線回路の荷重係数は,各ディジタルビームフォーミング回路の位相特性が同一となり,かつ指向特性が周波数にほとんど依存しないように決める.マルチビームフォーマに続くビームセレクタでビームを選択し,それらのビームの線形結合により干渉信号を抑圧する.これらの線形結合係数は適当な適応アルゴリズムで制御する.提案する構成は,タップ付遅延線回路を用いたエレメントスペース構成のアダプティブアレーに比べて,制御すべき荷重の数は著しく少ない特徴をもつ.適応アルゴリズムにCMA(Constant Modulus Algorithm)を用いた計算機シミュレーションにより,エレメントスペース構成に比べて収束が早く,干渉波抑圧能力も遜色ないことを示す.