FDTD法を用いた波長に比べて小さな金属平板からの反射特性解析

西澤 振一郎  橋本 修  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B2       pp.121-122
発行日: 1997/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 専門分野: 
キーワード: 
電波吸収体,  FDTD法,  物理光学法,  RCS,  

本文: PDF(116.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本研究においては,FDTD法(Finite Difference Time Domain)を用いて波長に比べて小さな金属板からの反射特性の解析を行った.この結果,この種の問題に対してFDTD法が有効であることを,境界要素法(Boundary Element Method)を用いた解析結果と比較検討すると共に,寸法の小さな電波吸収体特性の測定における基準レベルとしての金属板からの反射特性に対する資料を提供した.