ATM-LANにおけるトラヒック予測を用いたふくそう検出法

西村 和人  山本 幹  池田 博昌  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.8   pp.586-595
発行日: 1997/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
ATM-LAN,  ABRクラス,  レート制御,  トラヒック予測,  ARIMAモデル,  

本文: PDF(660.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ATM-LANにおいて,フィードバック型レート制御方式は,実現の容易性等からABRクラスに対する有効なふくそう制御であると考えられている.従来,このレート制御におけるふくそう検出法として,あらかじめ交換機のバッファにしきい値を設けておき,平均待ち行列長がそのしきい値以上になると,ふくそう検出を行う方式が考えられてきた.本論文では,より迅速なふくそう検出法として,交換機内の出力バッファにおける全セル到着レートを計測し,ARIMA (Auto Regressive Integrated Moving Average) モデルという線形予測モデルにあてはめ,それにより得られた予測値をもとにふくそう検出を行う方式を提案する.更に,その性能評価を計算機シミュレーションにより行い,本方式の有効性を検証する.