LANの同期データ転送メカニズムを利用した帯域予約プロトコルの提案と評価

厚井 裕司  藤井 照子  井手口 哲夫  白鳥 則郎  妹尾 尚一郎  矢部 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.6   pp.416-427
発行日: 1997/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (マルチメディアネットワーク/サービスと品質論文特集)
専門分野: インターネット
キーワード: 
LAN,  RSVP,  トークンパッシング,  帯域予約,  同期データ,  知能通信制御,  

本文: PDF(815.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチメディア応用やプラント制御等LANを利用したシステムにおいては,高速性だけでなく指定された時間内にデータを転送することが要求される.従来FDDI等の媒体共有型LANでは,入力トラヒックが過剰に増大した場合には転送レートや伝送遅延時間の通信品質を保証できなかった.本論文では,上記通信品質を保証するため,Timed Token Protocolの同期データ転送メカニズムを有効に活用した帯域予約プロトコルを提案する.最初にRSVPを同期データにマッピングする仕組とトークン保持時間調節機能との関係について述べる.つぎに性能特性を明らかにするため各種条件でシミュレーションを実施し,その有効性を確認する.