高速LANのための負荷適応型帯域割当て方式

小山 明夫  丹野 州宣  野口 正一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.5   pp.220-227
発行日: 1997/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
高速LAN,  2重リング,  公平性,  MetaRing方式,  

本文: PDF(497KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近のLANは,各種高速情報処理装置間の情報交換,ハイパーメディア情報の出現によるマルチメディア通信あるいはインタネットの基本的な構成要素(ドメイン)として最先端情報処理システムを構築する際の必須の技術となってきている.それらの要求にこたえるために,高速通信とマルチメディア通信に対応でき,しかもLAN間接続の容易な新しい超高速マルチメディアLANの開発が緊急の課題となっている.本論文では,双方向2重リング型のトポロジーをもつギガビットLANに対して,公平でしかもリング内のトラヒックの状況に応じて適応的に帯域割当てを行うことによりリングの利用効率を改善するABA (Adaptive Bandwidth Allocation) 方式と呼ぶ新しいリングアクセス方式を提案する.更に本方式をマルチメディア通信に対応させる方法についても述べる.シミュレーションによる性能評価の結果,本方式はMetaRing方式より優れたスループット対平均伝達時間特性をもち,マルチメディア通信にも対応できることを示す.