共振DCリンク回路を用いたゼロ電圧スイッチングPWMインバータ

青木 忠一  野崎 洋介  鍬田 豊  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J80-B1   No.11   pp.848-855
発行日: 1997/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (電子通信用電源における最近のソフトスイッチング技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
インバータ,  共振DCリンク回路,  ゼロ電圧スイッチング,  パワーエレクトロニクス,  

本文: PDF(413.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在,スイッチングサージによる電磁雑音の低減等を目的に,ソフトスイッチング技術を適用したインバータの研究開発が実施されている.そのなかでも,共振DCリンク回路を用いたゼロ電圧スイッチングインバータは,共振リアクトルに負荷電流が常時流れない構成のため共振リアクトルの損失が小さいこと,出力の制御に従来のPWM制御が使用できる等の特徴を有している.本論文では,共振DCリンク回路に直列共振回路を利用した新しいゼロ電圧スイッチングPWMインバータを提案し,回路構成,動作原理について述べている.つぎに,共振DCリンク回路のゼロ電圧スイッチング動作領域について示し,更に,定格出力10kWの試作機による実験結果により,本インバータは従来のPWMインバータと比較して,電磁雑音の発生が少なく,VCCIの第1種許容値を満足していることを示している.